限界大学生のギリギリ生存ブログ

つれづれなるままに つらつらと思ったことを書きます きょうも生きててえらい

青空の誘惑がすごい

 こんばんは。ゆーしです。


 この三連休、地元はむちゃくちゃ天気が良くて最高でした。

 晴れてる日はどうしても外に遊びにいきたくなっちゃうんですよね。

 でもやることもたまってるし......学校始まったから課題もこなさなきゃいけないし......って苦しんでました。

 最近、これってもしかすると子どもの頃からの癖なのでは?って思い始めてます。

 理由は二つ。



 一つ目は、単純に青空見てるとワクワクしてくるから。

 特に理由のないワクワク感が襲ってきます。あれはまずい。

 どうしてあんなに心躍るんでしょう。

 突き詰めて言ってしまえば青と白しかないのに。

 あのワクワクに負けるとその日はもうダメです。遊び尽くしデーになります。



 二つ目は、人生のターニングポイントでは自制ができていたため。

 大学受験の時とかは、脇目も振らず勉強してました。

 そういう時って、青空見るとワクワクする癖ついてても、「癖<課題」になってたと思うんです。

 天気のことなんかそっちのけです。

 後、うちは浪人禁止令が発令されてたので、もし全落ちしたら就職確定でした。

 あの時は今まで生きてきた中で一番勉強してたと思います。



 こんな感じで、青空って子ども時代の外遊び大好きだった思い出を蘇らせるんです。だからワクワクするんです。きっとそう。

 だから、他にやらなきゃいけないことある状態で青空見るのは危険なんです。

 でも最近はやらなきゃいけないことも多いし......ってな感じで、頑張って誘惑を振り払えるように努力してます。

 なんなら課題よりもそっちの方が難しい。

 でも、先延ばしすると苦しむのは自分ですから。

 それは最近しみじみ感じてまます。



 なので、やっぱり大事なのはとりあえず手を動かしてみること。

 これ一択だと思ってます。

 なんなら今日このブログも、書きたいと思ったから書いてますし。

 文章も書きたいように書いてるので、多分修正箇所ばっかになって後で後悔すると思います。

 (追記 後悔しました。予想通り)

 よく頭の良い人が「行動、行動、行動......」って言ってますが、多分行動量の多さが重要なのはこの世の真理じゃないでしょうか。



 ということで、今日のまとめ。 

 周りの誘惑に負けずに頑張ろう。とりあえずやってみよう。

 以上です。

体は正直、でも心は......

 こんばんは。ゆーしです。

 友人と通話していたらこんな時間になってました。

 コロナ禍でなかなか会う機会もないですし、話し始めるとつい長電話しちゃいます。

 早くこの騒ぎが落ち着けばいいんですけどね。



 さて、今回の話はメンタルについてです。

 「ワタシ改革」と称しまして、先日から睡眠時間の量とか運動なんかに気を配り始めました。

 まだ始めたばかりなのでそれほど効果を実感できているわけではありませんが、明らかに心身の身軽さが違います。

 でも、夜になるとマイナス思考が大きくなって、具体性のないモヤモヤが頭の中をぐるぐるし始めます。

 どこで知ったのかはもう覚えてないんですが、人間は夜の方が悪い方向に考えを持っていきやすい、なんて話も聞いたことがあります。

 で、今は昼間の活動時間を少しでも増やすためになるべく早めに寝るようにしてるんですが、体の時間と心の時間がずれていると感じるようになりました。

 多分中学や高校にも、今の自分と同じような状態になっている人はいたと記憶しています。

 例えば、昼間はテンション低いのに、夜になると嵐みたいに騒ぎだす人とか、
授業中寝てるのにテストだといい点とる人とか。

 こういう人、もしかしたら心身にズレが起きてるかもしれません。


 体の方が夜型なので、なんか布団に入ってもすぐに眠気が来るわけじゃないんですね。

 で、夜眠れないとどうしてもマイナス思考になっちゃうと。

 そんな感じなので、今日から無理やりにでも眠ってみようとも思ってます。



 結果はどうなるのかわかりませんが、ちょっとは生活の質上げられるのかな、って期待はあります。

 もし効果が出たら、その時にはメンタル不安定な人だったり、疲れが取れにくい人にでもお勧めしたいですね。
 

生き急ぎすぎると簡単に死にます

 こんばんは。ゆーしです。


 最近、生活リズムが狂いまくってて更新する気力がなくなってました。

 今までそんなに感じてなかったですけど、自分のリズム守るのってめちゃくちゃ大事ですね。

 数日だけ不規則な生活しただけなのに、その後一週間くらいメンタルブレイク食らってエンドレス無気力ループ入ってました。

 小学生とか中学生の頃、毎日同じ生活送ってたのも意味があったのか......ってしみじみ感じてます。

 これからはなるべく自分のリズム守って生活していきたいですね。

 最近メンタルやられてるな......なんて感じてる人は、まずは今までの自分の生活リズム思い出して、出来る限りそれに寄り添った生き方してみて欲しいです。

 やる気エンジンかからなかった時、僕も含め世の中全体が生き急いでると感じたので。

 自分のことは自分が一番大事にしてあげましょ。



 てなことで、しばらくはリハビリがてら極限まで肩の力を抜いて書いていこうと思います。

 どうやら今までのやり方だと、まだ力んだ文章になってたみたいなので。

 内容よりも更新を目的に頑張っていきたいと思います。

 なるべく面白いことも書くので気晴らしにでもみてもらえると嬉しいな。

 人間臭さ全開で行きます。

 

 
 

日曜日も夜ふかし

 こんばんは。ゆーしです。

 最近また生活リズムが崩れてきました。

 やること増えてきたからですかね。

 ほんとは明日も朝から予定あるんですけど、とりあえず知らないフリして今日記を書いています。

 7時起き? 知らない知らなーい。



 高校生の頃から夜ふかしはしても良いことあんまり無いってわかってたはずなんですけどね。

 どうしてこんなになっちゃったんでしょうか。

 一瞬、「自分って夜型人間なのかも?」って思ってた時期もありました。

 いっそこのまま夜行性になってやろうかとも考えました。
 
 でもダメだったんです。

 勉強するなら昼間の方が圧倒的に効率いいこと気づいちゃったんです......。

 昼間だと、図書室なども空いているおかげで無駄なノイズに惑わされないで集中してできますし。

 それでも治んないんですよねー。

 わがままボディなので......。



 僕が夜更かししちゃう原因はわかってます。

 課題の先延ばしです。それ以外にないです。

 しかも中途半端に意識高く持っちゃうので、「この課題はなんとか今日中に終わらせないと」とか思っちゃうんですよね。

 結果、やりたくない自分とやらなきゃいけないと思ってる自分がせめぎ合い、延々と時間だけが過ぎていく......と。

 なので解決策はとっくのとうに見つかってます。

「やれ。」

 ただそれだけです。


 人それぞれやる気の出し方あると思いますが、どんなやり方でエンジンかけてるのか教えて欲しいですね。

【音楽紹介】"cinema staff"  「極夜」

 こんばんは。ゆーしです。
 
 今日は兼ねてよりやりたかった音楽紹介をやっていこうと思います。

 記念すべき第1回目はcinema staff「極夜」です。

 今回は「そもそもcinema staffってなんぞや?」ってところから紹介していきたいと思います。


cinema staffってどんなバンド?


 cinema staffは2003年に結成されたオルタナティヴ・ロックバンドです。

 "great escape"という曲がアニメ「進撃の巨人」のエンディングテーマに起用されたことで有名になりましたね。

great escape

great escape


 その他にも色々とタイアップをしているみたいです。


 バンドの雰囲気としては、空間切り裂く感じのギターリフとパワーで生きてるドラムが個人的に好きです。

 「これぞロックバンドサウンド......!」って感じがするので。

 気づくとテンション上がって拳を掲げてるタイプですね。

 やる気出したい時とかによくお世話になってます。


「極夜」のグッとくるポイント


 言葉にしづらい点もいくつかありますが、結論から言うと全体的に「ありがとう......ありがとう......」って感じですね。

 男のロマンが全部詰まってるような楽曲だと思います。

ロマンポイント1. ギターリフがどこ聴いても最高


 この曲に限らずなんですが、cinema staffはギターリフが最高です。

 楽器やってた人間からすればヒーローにも思えます。

 イントロ、間奏のみならずボーカルの裏で鳴ってる音もかっこいいんですよね。

 曲の頭からこんなのやられたらどうしようもないです。

 リピート確定です。

ロマンポイント2. メロが良い


 はい。これはもうそのままの意味です。

 メロが良い。以上。

 他に言うことはありません。

 天地がひっくり返ったって良メロの楽曲に抗える道理はありません。

 教科書にも書いてあります。

 ボーカルの飯田さんの声質ともマッチしていて、凡人には黙って聴き惚れるしか選択肢がありません。ありがとうございました。

ロマンポイント3. ラストサビ後の破壊力


 これこそロマンの中のロマンと言っても過言じゃないんでしょうか。

 ラスサビ後のところ(Cメロになるのかな?)の破壊力たるや。

 ロボットアニメと戦隊モノとCメロは永久に男心をくすぐる象徴だと思ってます。



 こんなところでしょうか。

 この他にも、ドラムの入るタイミングだったり細かいところをあげればキリがないです。

 騙されたと思って一回聴いてください。
 

 ちなみに僕はこれ書いてる間ずっとリピートしてました。

 テンション上がって寝付きが悪くなりそうです。最高。



www.youtube.com

 

ウイルスよりも情報コワイ

 こんばんは。ゆーしです。

 今日から9月だったみたいですね。

 でも僕は認めてないのでまだ8月気分です。

 実質8月32日です(?)



 さて、今日の話題ですが、今回は新型コロナが流行ってる現状について考えたことを書いていきたいと思います。


 ここ最近また感染者数が増えてきてますよね。

 感染者数百人で大騒ぎしてた頃が嘘みたいに感じます。

 コロナの影響で日本経済にも大打撃、なんて話もよく耳にするようになりました。

 でも最近になって、影響ってそれだけじゃないよね、って感じ始めてきました。



 一番感じてるのは、社会の分断です。

 コロナが流行する前からその予兆くらいは感じていたんですが、2回目の緊急事態宣言以降、その傾向がより顕著になってきた気がします。

 分断を感じる場所も、今まではインターネット上だけだったものが、テレビニュースでも感じられるようになってきました。


 いろんな具体例はありますが、中でも気になってるのはワクチン賛成派と反対派イベント賛成派と反対派政権擁護派と批判派でしょうか。


 ワクチンに関しては、世代によっても考え方が異なるのでめちゃくちゃ難しい問題だと感じます。

 あと政治。感染爆発自体が未曾有の災害なので、余程優秀な人間でない限り現況を劇的に改善するのは難しいんじゃないかと持ってます。
 なのでその責任を追及するのは違うんじゃない? っていうのが僕の見方ですね。

 何か代替策があればいいんですが。

 イベント関連は、飲食店の時と同じくそれを生業としてる人がいるので、頭ごなしに「やるな!」っていうのは違う気がします。

 今まで世間の目が厳しかった分、対策も徹底してやってるところがほとんどみたいですし。

 ただ、やっぱり感染源にはなりやすいのも確かなんですよね......。
 うーん、難しい。



 で、これらを踏まえてなんですけど、社会の出来事に関心を持つ人が増えたのはいいことだと考えてます。

 形はどうであれ議論が活発になるのも、それだけ意識的になってる人間が増えてる証拠ですから。

 ただ、見ていて思ったことが一つ。

 議論の目的が「何が正しいのか」を見つけることより「自分の意見が正しい理由」を述べてるだけになってる気がするんです。

 お互いがお互いの意見を認め合えれば建設的な話し合いになるとおもうんですけどね。



 そんなわけで、先週あたりから吸収する情報量を意図的に減らすようにしてます。

 流石にちょっと疲れ気味です。

 今まではかなり情報過多だったので身動きが取れないような感覚でした。

 食べ物と同じですね。食い過ぎると太る。

 あとはこれがこれから生きていかなきゃならない世の中なのか......って絶望してたので、現実逃避も兼ねてます。

 数ヶ月でいいので自然に還った暮らしがしたいですね。

寝起きの爽やかさが段違いな件について

 こんばんは。ゆーしです。

 最近、昔よりもすっきりと目覚められるようになってきました。

 以前は目覚ましが親の仇よりも憎たらしかったんですけど。

 そこで、今日はどうしてすっきり起きられるようになったのか、再確認の意味も込めて書いていきたいと思います。



 その1。早く寝るようになったこと

 まあ当たり前といえば当たり前ですね。

 大学通っていた頃は3時寝だったところを、今は遅くとも2時には布団に入るように心がけてます。
 たかだか1時間だろうと見くびってたんですけど、侮れないもんですね。
 次の日の気持ちよさが段違いでした。



 2つ目。寝る1時間前に入浴

 意図してこうなったわけではないんですが。

 僕、その日のうちにやらなきゃいけないこと全部終わらせてから風呂に入りたい人間なんです。
 作業残したまま風呂入っちゃうと気分もリフレッシュできないので。
 んで、そうすると大体いつも寝る前に入浴することになるんですね。

 風呂上りから寝るまでの時間もたまたまそうなってるだけです。
 髪乾かしたり、フェイスケアしたり......ってやってると気付いたら1時間経ってます。



 さて、ここまではわりと世間でもよく言われてる快眠方法だと思います。

 でも、個人的にめちゃくちゃ効果感じたのかこの次。

 それが、"Sleep Meister"の利用です。

 Google Playの方では配信されているのかまだ確認できてないんですが、これがマジでやばい。

 千と千尋に出てくる「坊」に劣らず寝起きが悪かった僕ですが、これ使い始めてから引くほど爽やかに起きられてます。
 「あと5分だけ......むにゃ......」なんて存在しないです。絶滅しました。


 アプリの説明ですが、App Storeではこんなふうに配信されてます。

f:id:YushiIkgm:20210901010641j:plain

 他のアプリと異なるのは、布団の上に置いておくと、寝返りを打った際の振動を感知して、レム睡眠とノンレム睡眠を判別し記録してくれる点です。

 ※ここでは、「レム睡眠=浅い眠り」、「ノンレム睡眠=深い眠り」とだけ覚えてもらえれば結構です

 さらに、目覚める10分前〜目覚ましをかけた時間までの間で最も眠りの浅い瞬間にアラームを鳴らしてくれます。
 この機能が最高すぎて......。
 もう今までのアラームに戻れない体にされちゃいました。



 というわけで、もし朝なかなか起きられずに悩んでる方いましたら試してみてください。
 イチオシはやっぱり"Sleep Meister"です。